エヌ・ビー・シー協同組合

各種ダウンロード Web回答フォーム

無料試算

お問合せ

03-3458-0881

受付時間9:00~18:00

北陸道(下り線)名立谷浜IC⇒上越JCT間夜間通行止め及び昼夜連続車線規制のお知らせ

NEXCOより北陸道(下り線)名立谷浜IC⇒上越JCT間夜間通行止め及び昼夜連続車線規制が発表されましたので弊組合のETCコーポレートカード並びにUCカードを高速道路にてご利用いただいております組合員様へお知らせいたします。

NEXCO東日本新潟支社(新潟市中央区)は、新潟県内で初めてとなる高速道路リニューアルプロジェクトのトンネル補強工事を平成29年10月から、平成29年11月まで実施します。来年も引続き、春から秋にかけて、同様な工事を予定しておりますが、詳細な規制予定については後日改めて開示予定です。

この工事は、E8北陸自動車道(下り線)の名立谷浜インターチェンジ(IC)~上越ジャンクション(JCT)間にある正善寺トンネルの補強工事を行うもので、夜間通行止め及び昼夜連続の車線規制を行います。「高速道路リニューアルプロジェクト」とは、“いま、安全・安心を次の世代へ。”を合言葉とした最先端の技術を駆使した高速道路の機能向上と長寿命化を図る一大プロジェクトです。

お客さまには大変ご迷惑をおかけしますが、高速道路を安全・快適にご利用いただくために必要な工事ですので、ご理解とご協力をお願いします。

01 路線

北陸自動車道

02 区間

名立谷浜IC ~ 上越JCT (下り線)

03 実施時期

03-01 夜間通行止め

下記日程で実施します。

  • ・平成29年10月 2日(月)~ 5日(木) 【4夜間】 ※予備日:10月6日(金)
  • ・平成29年10月23日(月)~26日(木) 【4夜間】 ※予備日:10月27日(金)
  • ・平成29年11月10日(金)、11月13日(月) 【2夜間】 ※予備日:11月14日(火)

03-02 昼夜連続車線規制

平成29年10月2日(月)~ 平成29年11月14日(火)の間に実施します。

※土・日・祝日も規制を実施します。

04 規制方法

  • 1. 夜間通行止め
  • 2. 昼夜連続車線規制

05 時間

  • 1. 20時~翌朝6時
  • 2. 終日24時間

06 工事内容

トンネル補強工事

07 備考

※天候により、規制期間・時間が変更、または中止になる場合があります。

07-01 通行止め区間及び迂回路

  • ・通行止め時間帯は名立谷浜ICで降り、一般国道8号への迂回をお願いします。

  • ・名立谷浜IC~上越IC間で高速道路を利用した場合の所要時間は約10分ですが、一般国道18号(迂回路①)を利用した場合、所要時間は通常の交通状況で約27分かかります。

    また、名立谷浜IC~上越高田IC間で高速道路を利用した場合の所要時間は約13分ですが、一般国道18号から県道63号(迂回路②)を利用した場合、所要時間は通常の交通状況で約31分かかります。

07-02 通行止めに伴う乗継料金調整について

通行止めにより高速道路を一旦流出し、一般道を迂回して再度同一方向に乗り継がれるお客さまにつきましてはご利用料金の調整をします。ETCをご利用のお客さまは、全行程で同一のETCカードをご利用のうえ、通常どおりETCレーンを通行してください。この場合でも原則として直通走行(最初の流入ICと乗り継ぎ後の最初の流出IC間)に適用されるETC時間帯割引が適用されたこととして、料金調整が行われます。(出口では調整前の料金表示となりますが、請求時にはご利用区間に応じた調整後の料金で請求します。)ETC以外のお客さまは、乗り継ぎ後の最初の出口ICで、一旦流出するICでお渡しする「高速道路通行止め乗継証明書」と再流入ICにて発行した「入口通行券」を一緒に係員に提出していただくと、料金調整が行われます。乗り継ぎ後の最初の出口ICが料金自動精算機の場合は、「高速道路通行止め乗継証明書」を通行券より先に精算機にお入れいただくと料金調整が行われます。

07-03 トンネル損傷の現状

地中の湧水や地下水を起因とするトンネル周辺地山の風化・劣化による地山強度低下や吸水膨張によるトンネル周辺の土圧の増加により、路面の隆起や覆工のひび割れなどの損傷が発生。 特に地山が長期的に強度低下を示す岩種や膨張性を示す岩種において損傷の発生が顕在化しています。

07-04 トンネル補強工事の概要

トンネル補強工事とは、トンネル周辺の土圧の増加に対して、インバート(トンネル底面の逆アーチに仕上げられた覆工部分)を設置する工事で、トンネルの耐力を増加させ、トンネル内部の沈下や変状を防止する効果があります。

トンネル補強工事とは、トンネル周辺の土圧の増加に対して、インバート(トンネル底面の逆アーチに仕上げられた覆工部分)を設置する工事で、トンネルの耐力を増加させ、トンネル内部の沈下や変状を防止する効果があります。